初期費用について

椅子とリビング

現在、賃貸住宅業界において徐々に注目を集めてきているのが、家具付き物件です。
家具付き物件とはその名の通り生活に必要な家具があらかじめ部屋に備え付けられている物件のことです。
通常はベッド・ダイニングテーブル・椅子・衣装棚など生活に必要最低限の家具及び洗濯機・冷蔵庫といった生活家電が備えられているのが標準的なスタイルです。
物件によっては電子レンジや炊飯器といった調理家電、寝具なども用意されている場合があります。
もともとこうしたタイプの賃貸住宅は欧米ではごく当たり前でしたが、日本における伝統的な和室での生活においてはほとんどの家財道具が持ち運び容易なものであったため、定着していませんでした。
しかし生活様式の洋風化に伴い、需要が高まってきたのです。

入居者側から見た場合、家具付き物件には引っ越しの際に重い荷物を運ぶ手間が省けるというメリットがあります。
荷造りが簡単になるため、準備や後始末にかかる時間が大幅に短縮できます。
また、初めて一人暮らしを始める人にとっては高額な家財道具を買いそろえなくても済むという、経済的なメリットもあります。
こうした物件が日本で最初に提供し始めたのは、ウイークリーマンションやマンスリーマンションといった物件の運営業者でした。
居住用としてはもとより、出張や自宅改築中の仮住まいといった短期滞在型の利用も想定してのことでした。
しかし最近ではごく一般的な賃貸アパートやマンションにもこのタイプがあらわれるようになりました。
特に学生の単身居住を前提とした物件には多く見られます。